ミリタリーちゃんねる:2014年02月 - livedoor Blog(ブログ)

2014年02月

2014年02月20日

カッコいい銃の画像貼っていくよ

1: 名も無き被検体774号+:2014/02/17(月) 19:35:16.51 ID:c3l8VMgCP


USPコンパクト
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 01:01コメント(0) この記事をクリップ!

2014年02月19日

銃の画像が自然と集まるスレ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/28(火) 03:42:31.57 ID:G50ccmalP
お前らも貼っていけ





L119A1
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 00:35コメント(0) この記事をクリップ!

2014年02月14日

CV-22オスプレイ”ガンシップ”が発表される…米海兵隊も注目

1:キャプテンシステムρφ ★:2014/02/14(金) 10:18:46.77 ???0
2月13日、シンガポール航空ショーで発表されたCV-22オスプレイ”ガンシップ”計画が発表されました。
またこのオスプレイのバリエーションモデルに米空軍特殊作戦コマンド(AFSOC)が興味を示している事が明らかになりました。

「この新しいガンシップに海兵隊は興味を持っている。」と関係者は言います。

まだコンセプト案の段階ですが、進行方向にミサイルを取り付ける事が出来るほか、レーザーなどの高エネルギー兵器の可能性も示唆しています。
「すべてはテーブルの上にある。」と海軍のエンジニアは言います。

直径12mというローターブレードを考えると、ハードポイントは後翼にしか装着できません。
もしくはKC-130ガンシップのスポンソンのようなものやスタブウイング、ランプマウント、貨物ベイに格納される必要があります。

またオスプレイは機関銃を搭載できるような左側面ドアを持っておらず、また右側ドアは前方に位置しています。
そのため安全上、構造を考え直さねばなりません。

V-22に関しては様々なバリエーションモデルが検討されており、「(V-22のための)アプリケーションには無限の数がある」とのことです。



http://www.janes.com/article/33890/singapore-airshow-2014-afsoc-explores-gunship-variant-osprey-marines-show-interest
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 22:28コメント(0) この記事をクリップ!

2014年02月13日

【軍事】厚さ2mのコンクリートを貫通可能に…IMI社、地中貫通爆弾の製品ラインナップを拡充へ[2/13]

1:キャプテンシステムρφ ★:2014/02/13(木) 09:53:44.10 ???0
IMI社は地中貫通爆弾の製品ラインナップを拡大させることを明らかにしました。

一番最初に発表された製品はMPR500です。
MK82汎用型爆弾と完全な互換性を持つマルチプルリジッド爆弾(MPR)で、レーザーやGPS誘導装置を搭載することも可能です。

MPRは同クラスの汎用型爆弾に比べ、およそ4倍の貫通能力を有します。
弾頭にはおよそ26,000個の拡散片が詰め込まれており、その高密度な破片のカーテンは、およそ2,200平方メートル内に大きな損害を与えることが可能です。
そしてこのような大きな破壊力にもかかわらず、致死的な効果はわずか60~100m以内に抑えられています。

これらの爆弾の残した良い結果により、IMI社は更に多くのタイプを拡大していくと言います。
すでにMk83爆弾と互換性のあるMPR1000、Mk84と互換性のあるMPR2000のテストを進めており、特にMPR2000は4枚の壁、2mのコンクリートを貫通する事が可能とされています。

同社はまた、誘導兵器のわずか数分の一の費用で軽量なMPR250とガイダンスキットを提供できるとしています。



http://defense-update.com/20140212_imi-expands-mpr-multi-purpose-bomb-line.html
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 23:59コメント(0) この記事をクリップ!

2014年02月12日

【軍事】まさに奇跡的?第一線に配備されているイラン空軍のF-14Aトムキャット戦闘機

1:キャプテンシステムρφ ★:2014/02/12(水) 12:08:46.82 ???0
イランは1980年代、アメリカの同盟国としてF-14、F-4、F-5、AH-1といった米国製航空機を導入しました。

そしてイランとアメリカの外交関係が断裂した現在においても、イラン空軍は独自に米国製航空機のメンテナンスを行っています。

今現在においてもF-14Aは第一線に配備されており、まさに奇跡と言えます。





http://slide.mil.news.sina.com.cn/slide_8_262_28028.html
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 22:39コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ