ミリタリーちゃんねる:2013年10月 - livedoor Blog(ブログ)

2013年10月

2013年10月09日

2016年から「機動戦闘車」とかいう素敵な乗り物が配備されるらしい。なんか格好いいな

1: ファイヤーボールスプラッシュ(茸):2013/10/09(水) 12:50:39.26 ID:M/KJiFbG0 BE:747671639-PLT(13131)
機動戦闘車を公開=2016年に部隊配備・防衛省

報道陣に公開された機動戦闘車の試作車両=9日午前、相模原市中央区の防衛省技術研究本部陸上装備研究所
 防衛省は9日、2016年度に部隊配備される機動戦闘車を、相模原市の陸上装備研究所で公開した。戦車と比べて機動性が高く、航空機で空輸できるのが特徴で、離島防衛や原発など重要施設の防護に活用する。

全長8.45メートル、幅2.98メートルで、最高時速100キロ。105ミリ砲や重機関銃などを備えた8輪車タイプで、空自の次期輸送機C2での輸送が可能という。 
 開発費は179億円。センサーなど一部の部品を除きすべて国産で、同省技術研究本部が08年度から開発を進めていた。今後2年間運用試験を行い、16年度から部隊配備する予定。(2013/10/09-11:11)




http://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013100900073&g=pol
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 22:19コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月06日

戦場を思わせる画像が集めようぜwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 20:11:13.12 ID:GSqnMtEO0
お願いします





続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 22:14コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月05日

【画像】お前ら空自航空祭とか行った事あるか?【明日は小松航空祭】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/04(金) 21:10:14.55 ID:rdWb5O/RP
俺も何度か行った事あるぐらいなんだが良いぞ! まずタダってのはいい!
基地入るのも見るのも、シミュレーター乗るのも全部タダだ 結構イロイロ置いてあるぞ!
迫力も中々どうして凄いぞ 戦闘機のアフターバーナーの音には誰だってしびれると思うわまあ帰りが混むとか、オタクが集まるとか、やたら天気悪い事が多いとかもあるけど、早起きする価値はあると思う
じゃあ写真貼ってくけど、不整理なもんで小松と岩国と岐阜が適当にブレンドされてるけど勘弁な!
俺の説明が間違ってたら刺繍入りの青いキャップ被ったミリオタ諸氏は修正してくれ

EP-3 対潜機のP-3Cをベースにした電子戦機 まあ運用してるのは海自だけど



続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 00:13コメント(0) この記事をクリップ!

2013年10月03日

防衛省・自衛隊:航空自衛隊の次期戦闘機F-35Aに係る契約について

1: マスク剥ぎ(家):2013/10/01(火) 20:50:21.94 ID:L1+KskM9P BE:1726171283-PLT(22223)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/09/30a.html
平成25年度予算に計上している航空自衛隊の次期戦闘機F-35A(2機)の調達に係る契約が締結されましたので、以下のとおりお知らせいたします。

(契約の概要)

◯ 米国政府からの有償援助(FMS:Foreign Military Sales)
(※9月2日、引合受諾書(LOA:Letter of Offer and Acceptance)に署名)
・ F-35Aの機体(エンジンを除く) 2機 (約230億円)
・ F135エンジン 3台(※スペア1台含む)(約44億円)
・ 教育用機材 (約16億円)
・ ALGS整備費用 (約76億円)等
合計 約455億円

◯ 国内企業との契約(※9月30日締結)
平成25年度からは、F-35の部品等の製造に国内企業が参画することとしており、本年度については、①機体の最終組立・検査(FACO:Final Assembly and Check Out)、②エンジン部品(17品目)、③レーダー部品(7品目)の製造を実施するため、下記の通り契約を締結しました。

① FACO(三菱重工業株式会社)約639億円
② エンジン部品(株式会社IHI)約182億円
③ レーダー部品(三菱電機株式会社)約56億円

合計 約877億円

これをもって、F-35Aの関連経費の総額は約1332億円(平成25年度予算上は約1339億円)、F-35Aの機体単価については約140億円(同約149億円)となりました。

※「引合受諾書」とは、取引ごとに日米両政府の代表者(日本側では装備施設本部長等の支出負担行為担当官)が署名する文書で、これに基づき有償援助が行われる。この文書には、両政府が合意する調達品等の内容及び価格、納入予定時期といった条件が記載される。
続きを読む

過去記事ランダム表示



operation_sideline at 13:00コメント(1) この記事をクリップ!

ページトップ